自分の得意分野のライティングで稼ぐ方法

 

ライティングの仕事と言えば、クラウドソーシングのタスクと呼ばれる単発の仕事を中心に行うか、プロジェクトの仕事で継続的にライティングの仕事を確保するのが一般的です。

しかし、これらのライティングの仕事には、それぞれ難点があります。まずタスクのライティングの仕事は、自由度が高く、好きな時に早い者勝ちで行え、また自分の得意分野のテーマのみに取り組めると言うメリットはあるものの、単価が非常に安いのが最大のデメリットです。400字程度で100円が平均で、1文字当たり0.25円に過ぎません。

一方で、プロジェクトの仕事に応募して、継続的な仕事を確保できると、単価は1文字当たり安くて0.5円、平均的には1円と飛躍的に単価が上がります。
1000文字の記事を書けば、1000程度稼ぐ事が出来、1か月に20記事も書けば、2万円が安定的に稼げることになります。
しかし、このプロジェクトでのライティングの仕事にもデメリットがあります。それは自分が比較的得意とする分野であっても、その範囲が広く、1000文字程度を書くとなると、ネットで検索して関連記事を読み、それをベースに記事の構成を考え、実際にライティングに取り組むというステップが必要です。
従って、自分の頭にある知識だけでは掛けないために、記事を書く時間がどうしても長くなってしまうというデメリットがあるのです。
時間給で換算すれば、何も見ずにスラスラ書けるタスクのライティングと同程度になってしまう事も少なくないのです。

こうした両方式のデメリットを取り除き、文字当たり単価も、時間給換算でも効率良く稼ぐには、出品方式を積極的に活用する事です。
自分が得意とする分野の記事を、自分で企画し、3日程度のリードタイムで提供すると言う仕事の確保方法です。例えば、旅好きの人なら、自分が何度も出かけてスラスラと記事を書ける地域の観光案内的な記事や、趣味に関する記事を提供すると言った事を自分からPRして販売するのです。
それも単発記事ではなく、5記事や10記事を望む人にはそれを継続的に提供する企画とするのです。こうして1記事1000文字で1000円~1200円の単価を付ければ、何も事前に確認する必要もなく、スラスラと記事を書く事が出来、効率良く稼ぐ事が出来るのです。

もちろん、こんな記事の案件は、何百件も書く事は難しいかも知れません。しかし、クラウドソーシングのタスクでのライティングやプロジェクトでのライティングの仕事と適度な比率で取り組めば、月々のライティング収入を必ずアップする事が出来るはずです。
そんな仕事のスタイルを可能にしているクラウドソーシングの制度を徹底的に活用され、稼ぎのアップを図られる事をお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。